『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 | TOP
『ブルキナファソの医療センターを支援しよう!』
みなさんは、ブルキナファソがどこにあるか知っていますか?


国の名前ですョ・・・



ブルキナファソ (Burkina Faso)は、西アフリカの内陸国で、旧フランスの植民地でした。

ですから公用語はフランス語なのですが、「Burkina Faso」とは「清廉潔白な人の国」というの意味です。


その名前が示す通り、人々は勤勉で真面目なのですが、天然資源が豊富に産出されるわけでもなく、農業が中心の国なので、残念ながらアフリカの中でも最貧国のひとつとなっています。


ここで、ブルキナファソの医療センターを支援する『チョコマーブルバンド』を紹介しましょう。

chocobig.jpg


『チョコマーブルバンド』には「Contre La Faim(飢餓撲滅)」というフランス語が刻まれています。


ブルキナファソでは5人に1人が5歳になる前に命を落とします。


医療の不備、栄養のある食事が与えられない、お母さんの妊娠中の健康状態が悪いetc・・・

クブリ村でも多くの子どもが栄養不足に陥っています。


国際協力NGOハンガー・フリー・ワールドのブルキナファソ支部を通じて、ブルキナファソのカディオゴ県クブリ村にある国営健康センターを支援いたします。

pjbr0511b.jpg


この健康センターは、クブリ村と近隣地域の住民2万2804人が利用できる唯一の医療機関で、15km以上離れた地域から通う患者もいます。

そして一昨年9月に、ハンガー・フリー・ワールドは、過去にセンターの資金難で打ち切られていた乳幼児や妊産婦の栄養改善事業を再開させました。

同センターで毎月平均200人生まれる赤ちゃんが栄養を摂れるよう、穀物、燻製の魚、スンバラ(豆)など、地元で調達できる食材を使った栄養価の高いお粥の作り方を母親に教えています。

20070119191255.jpg


株式会社テレナコーポレーションは、ハンガー・フリー・ワールドのブルキナファソ医療センター支援に協力するために、独自に『チョコマーブルバンド』を企画制作し、1個につき100円の支援を行うことにいたしました。


【100円でできること】
・極度の栄養失調の子どもの入院費1日分
・栄養のあるおかゆの材料費2杯分
・ぎょう虫などの寄生虫治療薬22錠分
・発熱などの抗生物質12錠分



【販売価格280円(送料込)】




■飢餓のキーワード■
飢餓 アフリカ 世界 北朝鮮 貧困 子供 日本 国際 対策 機構 スーダン エチオピア 原因 人口 飽食 アフガニスタン 食糧 問題 状態 子ども 状態 苦しむ 人々 難民 インド 戦争 ソマリア マップ 社会 バングラデシュ ウガンダ ブルキナファソ ベナン インドネシア ボランティア 活動 福祉 医療 npo 団体 NGO UNICEF 海外 協力 青年 隊 FAO WFP インターン 国連 ODA 援助 開発 啓発 政策 提言 外務省 JICA 草の根 無償 ルワンダ ダーウィン 特定 非営利 活動法人 ハンガー フリー ワールド プロジェクト HFW YEH ユース エンディング



■「世界の飢餓は終わります!」トップページに戻る■

スポンサーサイト

テーマ:チャリティ・カラーバンド - ジャンル:福祉・ボランティア

2007/07/14 10:56 身近な国際貢献 | トラックバック(1) | コメント(0) | TOP
『フリマで国際貢献!』
ハンガー・フリー・ワールド(HFW)のボランティア・グループのひとつに『ハンガー・フリー・フリマ倶楽部』というものがあります。



『ハンガー・フリー・フリマ倶楽部』は、フリーマーケットへ出店することで不用品をもとに収益をあげ、HFWの活動を資金面で支援することを主な目的として活動をしていただいています。




◎みなさんからこんなものを集めて販売をしています。

食器
衣類(古着はクリーニングまたは洗濯してあるもの)
電化製品(故障していないもの・なるべく説明書や保証書をつけていただけると助かります)
結婚式の引き出物
子供用衣類やおもちゃ
文房具
ゲームソフトなど



☆紙袋 緊急募集!!☆

品物をお客さんに渡す時に入れる紙袋が、底をついてしまいました。
大きめの紙袋(ジャンパーが1~2枚入るくらい)を集めています。
ビニール製の袋でもかまいません(スーパーのレジ袋は除く)



◎送り先
〒102-0072  東京都千代田区飯田橋3-11-24 笹岡ビル3階
特定非営利活動法人 ハンガー・フリー・ワールド 
ハンガー・フリー・フリマ倶楽部宛TEL 03(3261)4700
http://hungerfreefmc.web.fc2.com/




■飢餓のキーワード■
飢餓 アフリカ 世界 北朝鮮 貧困 子供 日本 国際 対策 機構 スーダン エチオピア 原因 人口 飽食 アフガニスタン 食糧 問題 状態 子ども 状態 苦しむ 人々 難民 インド 戦争 ソマリア マップ 社会 バングラデシュ ウガンダ ブルキナファソ ベナン インドネシア ボランティア 活動 福祉 医療 npo 団体 NGO UNICEF 海外 協力 青年 隊 FAO WFP インターン 国連 ODA 援助 開発 啓発 政策 提言 外務省 JICA 草の根 無償 ルワンダ ダーウィン 特定 非営利 活動法人 ハンガー フリー ワールド プロジェクト HFW YEH ユース エンディング



■「世界の飢餓は終わります!」トップページに戻る■

テーマ:飢餓・貧困のない世界を創ろう - ジャンル:福祉・ボランティア

2007/03/01 02:31 身近な国際貢献 | トラックバック(1) | コメント(0) | TOP
『九州女子高等学校でのスピーチ』
2月7日に福岡の九州女子高等学校を表敬訪問させていただき、ハンガー・フリー・ワールドより感謝状を贈呈させていただきました。


同校は、本年度創立100周年を迎える九州の名門女子高校です。

20070207141500.jpg


実は、このたび、ノースウエスト航空の社会貢献活動「エアケア-・チャリティ・プログラム」を通じて、九州女子高等学校より、航空券に換算すると日本とアジアの国の往復航空券80枚以上になるマイルを、昨年秋に実施された同校の修学旅行から、寄贈されることとなりました。


九州女子高等学校のみなさんにはその時に感謝の気持ちをお伝えしたわけですが、その後に、ハンガー・フリー・ワールドの活動内容について、次のように話をさせていただきました。


『今、5秒に一人、飢餓のために、食事ができないが故に、命を落とす人がいます。・・・1、2、3、4、5・・・もうこの瞬間に一人の人が飢餓のためになくなっているのです。

毎日毎日、飢餓で亡くなる人、食べ物が食べられなくて飢えで亡くなる人は、この地上に、35,000人もいます。

そして、飢餓でなくなる人の80%が5歳未満の子供なのです。
つまり、毎日28,000人の子供たちが、飢えで亡くなっているのです。

9月11日のアメリカの同時多発テロから5年が経過いたしました。
その同時多発テロで3000人もの方が亡くなったと言われていますが、あまりいい例えではないかもしれませんが、あのような痛ましい大惨事が、世界中で毎日毎日10回以上起きている計算になります。

しかし、われわれはこのことに無関心です。マスコミも取り上げようとしません。

なぜでしょうか。

ここで、まず皆さんに、「飢餓」と「飢饉」を区別してもらいたいと思います。

「飢饉」は、戦争だとか、大干ばつだとか、大洪水などが原因で、難民が発生します。

そこで、一時的に、局地的に「飢饉」というものが発生するわけです。
「飢饉」は、新聞・テレビなどのマスコミでその悲惨な状況が報道され、それ自体大変なことではありますが、全世界からさまざまな救援物資が送られて、解決に向かって進んでいきます。「アフガン難民」「ルワンダ難民」などがそのいい例だと思います。

ところが、一方で、飢餓は、一見貧しいようにしか見えません。一時的、局地的な「飢饉」と違い、「飢餓」は、慢性的で全世界的な問題です。

全世界で、「飢餓」状態にある人は、約8億人、そして1日1ドル(約120円)以下の生活をしている人は、約12億人います。

ただ貧しいだけにしか見えませんから、マスコミが報道することはほとんどありません。「飢餓」状態にある子供たちは、抵抗力がないので、ちょっとした風邪・下痢などで、簡単に死んでしまいます。そうして、人知れず飢餓で亡くなっていく人たちが、毎日35,000人もいるのです。

ハンガー・フリー・ワールドは、この問題の解決すべく、飢餓のない世界を創ろうと、人類史上最大の問題にチャレンジしているNGOです。

では、具体的にどんな活動をしているかについてお話をしたいと思います。

私たちは、世界の最貧国(ウガンダ・ベナン・ブルキナファソ・バングラデシュ)での自立支援のための事業を行っています。

わかりやすい言葉で言うと、世界で最も貧しい国々の村おこしを手伝っていると言ったほうがいいでしょう。

決して、食料や物やお金をあげるだけの援助をしている団体ではありません。

最貧国の貧しい村々での現地の人々の自立支援の活動を行っているのです。

それは、農業指導であったり、灌漑設備の整備であったり、学校の建設であったり、避妊教育であったり、井戸掘りであったり、医療センター支援であったり、衛生トイレの設置であったり、自立のための小額貸付制度であったりします。


みなさんからいただきました貴重なマイレージは、ハンガー・フリー・ワールドの本部のスタッフが現地を訪れたり、逆に現地のスタッフが日本を訪れる際の航空チケットとして、有効に活用をさせていただきます』



この後に、感謝状を贈呈させていただきました!

reportjp_070211_b.jpg


九州女子高等学校のみなさん、本当に、ありがとうございました!!


また、この機会を提供していただいたノースウエスト航空のみなさんにも心より感謝申し上げます。





■飢餓のキーワード■
飢餓 アフリカ 世界 北朝鮮 貧困 子供 日本 国際 対策 機構 スーダン エチオピア 原因 人口 飽食 アフガニスタン 食糧 問題 状態 子ども 状態 苦しむ 人々 難民 インド 戦争 ソマリア マップ 社会 バングラデシュ ウガンダ ブルキナファソ ベナン インドネシア ボランティア 活動 福祉 医療 npo 団体 NGO UNICEF 海外 協力 青年 隊 FAO WFP インターン 国連 ODA 援助 開発 啓発 政策 提言 外務省 JICA 草の根 無償 ルワンダ ダーウィン 特定 非営利 活動法人 ハンガー フリー ワールド プロジェクト HFW YEH ユース エンディング



■「世界の飢餓は終わります!」トップページに戻る■

テーマ:飢餓・貧困のない世界を創ろう - ジャンル:福祉・ボランティア

2007/02/12 11:47 身近な国際貢献 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP
『九州女子高等学校に感謝状を贈呈』
昨日、福岡にある九州女子高等学校を表敬訪問させていただきました。


同校は、本年度創立100周年を迎える九州の名門女子高校です。

20070207141500.jpg


実は、このたび、ノースウエスト航空の社会貢献活動「エアケア-・チャリティ・プログラム」を通じて、九州女子高等学校より、航空券に換算すると日本とアジアの国の往復航空券80枚以上になるマイルの寄贈を受けました。


その寄付にたいして、直接御礼を申し上げ、また感謝状を贈呈するために、とんとんが九州女子高等学校を表敬訪問させていただいたのです。

news001_2.jpg


今回の寄贈は、昨年の秋に米国ロサンゼルスへの修学旅行を実施した、同校2学年の生徒、先生と添乗員〈合計361名)の熱意により実現いたししました。


往復の渡航によって同校が獲得したマイルの総合計、約360万マイルのうち、ハンガー・フリー・ワールドは180万マイルの寄贈を受けたのです。


寄贈されたマイルは、アジア・アフリカの開発途上国で飢餓に苦しむ人々への支援活動の調整を担うスタッフが、現地を訪れる際の航空券へと換わり、有効に活用されることになりました。


なお、このときの模様が読売新聞で記事となりました。
↓↓
http://kyushu.yomiuri.co.jp/local/040/040_070208.htm


九州女子高等学校のみなさん、本当に、ありがとうございました!!


また、この機会を提供していただいたノースウエスト航空のみなさんにも心より感謝申し上げます。

nwmilege.jpg





飢餓のキーワード■
飢餓 アフリカ 世界 北朝鮮 貧困 子供 日本 国際 対策 機構 スーダン エチオピア 原因 人口 飽食 アフガニスタン 食糧 問題 状態 子ども 状態 苦しむ 人々 難民 インド 戦争 ソマリア マップ 社会 バングラデシュ ウガンダ ブルキナファソ ベナン インドネシア ボランティア 活動 福祉 医療 npo 団体 NGO UNICEF 海外 協力 青年 隊 FAO WFP インターン 国連 ODA 援助 開発 啓発 政策 提言 外務省 JICA 草の根 無償 ルワンダ ダーウィン 特定 非営利 活動法人 ハンガー フリー ワールド プロジェクト HFW YEH ユース エンディング



■「世界の飢餓は終わります!」トップページに戻る■

テーマ:飢餓・貧困のない世界を創ろう - ジャンル:福祉・ボランティア

2007/02/08 14:43 身近な国際貢献 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP
『修学旅行で国際貢献!!』
とんとんがボランティアとして理事長をさせていただいております、国際協力NGOのハンガー・フリー・ワールド。


実は、このたび、ノースウエスト航空の社会貢献活動「エアケア-・チャリティ・プログラム」を通じて、九州女子高等学校より、航空券に換算すると日本とアジアの国の往復航空券80枚以上になるマイルの寄贈を受けました。


2月7日(水)の午後13時に、とんとんが九州女子高等学校を訪問し、生徒、先生のみなさんにお礼の挨拶と感謝状の贈呈をさせていただきます。


寄贈は、昨年の秋に米国ロサンゼルスへの修学旅行を実施した、同校2学年の生徒、先生と添乗員〈合計361名)の熱意により実現しました。


往復の渡航によって同校が獲得したマイルの総合計、約360万マイルのうち、ハンガー・フリー・ワールドは180万マイルの寄贈を受けたのです。


寄贈されたマイルは、アジア・アフリカの開発途上国で飢餓に苦しむ人々への支援活動の調整を担うスタッフが、現地を訪れる際の航空券へと換わり、有効に活用されます。


九州女子高等学校のみなさん、本当に、ありがとうございました!!




■飢餓のキーワード■
飢餓 アフリカ 世界 北朝鮮 貧困 子供 日本 国際 対策 機構 スーダン エチオピア 原因 人口 飽食 アフガニスタン 食糧 問題 状態 子ども 状態 苦しむ 人々 難民 インド 戦争 ソマリア マップ 社会 バングラデシュ ウガンダ ブルキナファソ ベナン インドネシア ボランティア 活動 福祉 医療 npo 団体 NGO UNICEF 海外 協力 青年 隊 FAO WFP インターン 国連 ODA 援助 開発 啓発 政策 提言 外務省 JICA 草の根 無償 ルワンダ ダーウィン 特定 非営利 活動法人 ハンガー フリー ワールド プロジェクト HFW YEH ユース エンディング



■「世界の飢餓は終わります!」トップページに戻る■

テーマ:飢餓・貧困のない世界を創ろう - ジャンル:福祉・ボランティア

2007/02/06 09:08 身近な国際貢献 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP
| ホーム | 次ページ

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ホワイトバンドの原点

ハンガー・フリー・ワールドも運営母体として活動しています

ノーベル平和賞受賞

グラミン銀行総裁のムハマド・ユヌス氏はグラミン銀行とともにノーベル平和賞を受賞いたしました

わずかな金額を無担保で融資し、貧しい人々の経済的自立を助ける「マイクロクレジット」制度を創設いたしました

途上国の現状を直視しよう

「私の夢は大人になるまで生きることです」という子供が世界にはいるという現実を描いた作品です

MAKE A WISHの活動物語

重い病気と闘うこどもたちの夢をかなえるボランティア団体の活動記録です

涙なしには読めない感動の実話

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。